大変お待たせしますこととなっておりました当サロンのメールマガジン・スペースラブメッセージvol.274の残り分をタイピングし終えることが出来ましたので、本日発行させていただくこととなりました。

 ただし、変則的なことがありますのでご連絡を差し上げます。

 実は、この度のメールマガジンに関しましては、今年6月に、本日発行させていただきます部の前の部としまして発行させていただきました際に、それらの内容の最後の項目の最後の方の箇所に関しましては、推敲させていただきますお時間が無くおりましたため、後程にまた付け加えるようにして発行させていただきますつもりでおりましたので、そのように削りました内容としまして発行させていただいておりました。

 そのような最後の項目に付加しております内容とは、こちらもまたとても重要と思われますお話のご自身の安全確認に関しますお話でしたのですけれども、前回に発行させていただきましたメールマガジンのその箇所までの内容に関しましては、そちら方もまた、6月に発行させていただきました後に改めて推敲させていただくこととなりまして、ですので前回発行分のメールマガジンの文章には少し変更させていただいておりますような部分も出来ましたことから、本日はどのようにさせていただきまして皆様へ発行しますと良いかという風に迷いましたのですけれども、やはり大変に長い内容となっておりますので、ご連絡させていただいておりますように、付加させていただきながらでそれまでの内容にも多少の変更部分がありましたりするということとはなっておりましても、付加します内容分だけとそれから前回発行させていただきましたメールマガジンの最後の段落部分をということとしましての発行とさせていただき、vol.274の付加内容としましてのメールマガジンとしまして発行させていただくことになりました。

 今回はそのような状況となりましたので、vol.274の前回の残り分としまして今回新しく発行させていただきますメールマガジンも同じようにやはりまた長いために2部に分けさせていただきながらの発行となりますので、本日はvol.274の第二部の付加分、vol.274の第三部分と第四部分という風にさせていただきまして発行しますようになっております。

 尚、そのように今年6月にvol.274の第一部と第二部を発行させていただきました際に、こちらのスペースラブ・ブログで付け加えるようにしてお知らせしておりましたメッセージに関しまして、念のために再度お伝えさせていただいておきたく思っております。それは、メールマガジンの内容を理解なさいまして行動に移されます際のなどのことへのメッセージとなりますようなことでしたのですけれども、”良くなりますのにはこのようにしていただきますと良いのですけれども、実際になさられましてみられまして違っているというような時には、「そのようではなかった、、」とお思いになられまして、どうぞ落ち着かれまして行動なさられますように、、”というお知らせとなっております。そのようにご理解いただきましておかれますようにということも再度お願い申し上げさせていただきます。

 今号のメールマガジンでは、お料理の際の灰汁を取るお話などについてもさせていただいておりまして、また本日のブログ用の画像には、今の時期大変美味しい旬のお野菜のかぼちゃが使われていますように思われますスープの画像を選ばせていただいたりしておりますけれども、そのようなことにも関連のありますカビに関しますお話で、大変驚きましたことが先日ありましたので本日はそのお話もさせていただきたいと思っております。

 こちらでは今年の夏の季節に湿度が大変高くなっていましたことなどもあったためなのでしょうね、少しの期間保存しておりましたお昆布に白いカビがついていることに気づきまして、捨てようと思いましたが念のためにスピリチュアルなメッセージの方へお尋ねしてみました所、お水で洗って調理をしましたら身体には何も害が及ばないというお答をいただきました、、、。

 確かにカビは、チーズを作られます時に使われますことのある物ですし、またご病気の治療にも使われますことなどもありますので、よく考えてみましたらそれほどには不思議なお答えの内容でも無かったのでしょうけれども、カビ毒などと呼ばれますこともまた多い物質と思いますので、いただきましても何一つ害が及びませんという風にお聞きしまして最初は本当に驚きました。そしてまたこのお話は、偶然にも今号のメールマガジンでお伝えさせていただいております、第四部内の聞き取りということに関わります内容となっておりますね。

 またそれから今回も、いつものように幸福の実現に関しますお話としましても様々にお話しさせていただきましたけれども、そのような幸福の実現に関しますご提案も本日はさせていただけましたらと思うことがあるのですけれども、それは、例えば、、という風にお歌の分野でのこととしましてのこととなります。

 こちらのお話もまた第四部内の最後の項目の聞き取りに関します箇所で、サイキックレベルやスピリチュアルレベルの内容に関しましてもお聞き取りになりますことについてお話しさせていただきましたのですけれども、そのようなスピリチュアルレベルのこととは、物事や出来事のいわゆる種子の部分が扱われることとなるという風に表現させていただきましてもまた良いように思うのですけれど、本日させていただきたく思っておりますお歌の分野に関しますご提案と言いますのは、そのような物事や出来事というものの(メールマガジンでもお話しさせていただきましたことですけれども、スピリチュアルレベルの範囲のことには負のカルマの刈り取りという風な内容のものなどもありますことから)幸福な実りとなります種子が間違いの無いように実られましたり、そしてまた、途中にどのようなことがあったとしましてもそのような種子が結局は無事に実られますためのお歌、そしてもう少し表現を加えさせていただけましたら、種子の内にあらかじめ入っています幸福な内容や情報が間違い無くご無事に実られますよう、環境その他の条件を最善や最高な状態にしていただき、完全な形の実りとしまして最終的に実って行かれますようにして下されますお歌というものがありましたらやはり良いように思いますのでいかがでしょうか、、ということとなります。

 また、そのような種子レベルの内容に、少しお話が違うことではあるのですけれども負のカルマの刈り取りのような幸福とは言えませんような内容が存在していらっしゃいますケースでは、そのような種子の中身を幸福な物事(だけ)が実ります内容へと変えてしまわれますためのお歌の創作ということもまた考えられ得ることのように思いましたのですけれども、そのようなお歌の創作となられますとよりいっそう大層なこととなられますでしょうし、それに、今の私には方法その他に関しましてよく分からないことのように思いますので、そのようなご提案までは出来そうには無いのですけれども、先程お話しさせていただきましたように、物事や出来事というものの幸福な実りとなります種子が間違いの無いように実られましたり、途中にどのようなことがおありになりますとしましてもそのような種子が結局は無事に実られます効果をお持ちになり発揮もなされますお歌ということとなりましたら、本日のご提案が、大きくはお歌の歌詞の内容に関しますこととなりますようにも思いましたりしておりますし、それからまた勿論のこととしまして、お歌というものの古来からの本来の在り方や主旨とはまた異なって来られるものとはなりますようにも思うなどもしておりますけれども、やはりそのようなお歌もこれから沢山創作なされますようになられましたら本当に良いな、、という風に感じております。

 それでは、この度のメールマガジンも大変お待たせしてしまいますこととなりまして、大変申し訳もございませんでした。もう少しじっくりと書かせていただけますお時間がお取り出来ましたらやはり良かった、、という風にも思っております。

 そして最後に、冒頭部分では前回発行させていただきましたメールマガジンの文章には変更もありましたことをお知らせさせていただいておりましたけれども、そのように多少の変更のあります前回発行分のメールマガジンに関しましては、サイトの方へ差し替えますようにしまして掲載させていただくつもりでおりますので、ご興味のおありでいらっしゃいます方々はそちらの方でまたお読みになっていただけましたら、、という風に思います。

 読者の皆様がお健やかな日々をお過ごし下さいますように、私も心よりお祈り申し上げております。どうぞよろしくお願い申し上げます。