読者の皆様、こんにちは。

 日本では冬の訪れを感じさせますような風の吹く時期となって来ましたね。読者の皆様もお元気にお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

 そのような冬のことと言いましたら、改めて思い起こされますことがあるのですけれども、それは、こちらで発見しまして一昨年には発表もさせていただきました、各世代によってそれぞれ異なって存在し、エゴや精神の深層に在ります(無)意識とそれによって成る状態の内の2017年8月の時点では23歳から24歳でいらした方々の逆境に関しますことです。

 冬と言いますと、その季節には寒くなるということから、特に厳寒などは環境や状況の逆境のもののようにも受け取られますことのありますことと思いますけれど、一昨年発行のメールマガジン・スペースラブメッセージvol.267へ掲載させていただきましたように、その世代の方々のことでは「わざわざ逆境に、、」ということがおありになりますことが拝見なされますので、その世代の方々もまた大丈夫にしていらっしゃるのかな、、という風に思っております、、、。

 一昨年に発表させていただきました時点の状態からは、そのようなご意識もまた、もう少しとか、あるいは劇的な風にして大変にお早く変容なされますなどされまして、改善されていらっしゃいましたり癒しが生じるなどしてお幸せになっていらっしゃいましたら本当に良く、また喜ばしいように思います。

 各世代ごとにそれぞれ異なって存在しています意識や状態は、数割もの割合を占められます方々が存在なさいますことから、社会の流行や出来事などへも非常に大きくまた時には決定的なほどに影響することのありますもののようなのですけれども、そのようなある一定の特性をお持ちになります方々が数割を占められていらっしゃいますお話のことでありましても、ここ日本での、県(民)ごとにそれぞれ異なってお持ちになっていらっしゃいます、進化とひいては幸福の実現に関しますための課題やテーマのお話もさせていただけましたら、こちらスペースラブもまた所在させていただいておりますここ静岡県(民)がお持ちでいらっしゃいます課題やテーマとは、恐怖を乗り越えて平安とひいては幸福を実現するという内容のもののようですけれども、そのことでは、”恐怖を乗り越える”ということが明らかな鍵となっていますようで、平安とひいては幸福を実現なさいますための進化のための多くの機会におきまして、良く恐怖を乗り越えなければならなくなっていらっしゃるという風にお話しさせていただきましても良いようになっていらっしゃるようなのですけれども、そのようなことのため、私やスペースラブも含めまして静岡県にいらっしゃいます方々にとりましては、特にご必要とされますような時には本当に完全にそのようになさりながら進んで行かれますように、、という風に思うものです。

 そしてまたこのような日本におけます県ごとの課題やテーマは、その影響もまたお受けになるようになっていらっしゃるとか受けやすくなっていらっしゃる方々のケースにおかれましてですと、永住なさらないまでもその県に良くいらっしゃるようになっていらっしゃいます外国(籍)の方々にも影響することがありましたり影響出来るもののようでもありますので、静岡県に滞在していらっしゃいます外国の方々におとりになりましても、そのようなご機会が到来なさいましたようにお感じになられることのあります際には、「ここでこの恐怖を乗り越えなければ本当にいけない、、」という風に理解なさるなどなさいまして進んで行かれますようにということをお願い申し上げたくも思っております。

 静岡県(民)におとりになりますケースのみならず、当然のこととしましてもっと広い範囲の事柄やケースへも、静岡県の方々が努力なさるなどされましてそのようになさっていらっしゃるようなことがあてはまりましたり必要とされますような時は本当におありになることでしょうから、永く続いて行きます幸福の実現のためにもそのようになさいますことは大事なようにもやはり思うものですね。

 それでは、今年も残す所約一ヶ月位となりました。読者の方々も平安にそしてどうぞお健やかにお過ごし下さいますようにお願い申し上げます。